災害時における施設対応のご案内

デイサービスとは、介護保険上「在宅サービス」に分類されており、緊急時においては、ご自宅へ送迎させていただくことが原則でございます。しかしながら、災害とは人知を超えた恐ろしさを有し、緊急時においてはご自宅への送迎が不可能な場合も想定されます。

その際、大切な人命をお預かりしている当施設の義務として、人命第一とした避難行動、救助活動を行うとともに、可能な限りの情報発信に努めたいと存じます。

 

 

2011年3月11日に発生した東日本大震災クラスの災害の場合は、私たちはまず施設内にいらっしゃるご利用者さまの安全確保に全力で努めます。その後は各種の通信手段や道路での移動はできないものと想定し、一日のご利用定員×3日分の簡易食料と飲料水を常備いたします。

 

私たちは、その場で出来うる限りの対応処置をいたしますので、ご家族様はまずご自身の安全確保に努めて下さい。

 

恐らく、どれほどの災害になるのかは想像できませんが、数日後には災害用伝言ダイヤルなども活用できるかと思います。ご利用者さまのご自宅から当施設までの距離はどんなに遠くても概ね徒歩2時間から3時間程度ですので、まわりの被災状況を考慮しながらお迎えに来ていただけたら良いかと思います。

 

ただし、私たちの施設が緊急避難場所のひとつになる場合がございますので、その時点で当施設に滞在する方が安全であると自治体からの指示が出た場合は、そのまま滞在していただくことも考えられます。

 

担当者会議の際に、緊急時の対応をお伝えいたしますので それに準じた対応をさせていただきます。

 

 

 

 

※ 当施設の避難予定場所(内田地区) 内田小学校  となります。