通所介護(デイサービス)って何だろう?

通所介護とは

 

通所介護(デイサービス)とは、介護保険の介護給付、予防給付で受けられるサービスです。

要介護者がデイサービスセンターにて食事、排泄、入浴等の日常生活の介助を行ったり、それに伴う行動の訓練等を日帰りで受けることができるサービスです。

 

通所介護の一日の流れ

通所介護の一日の流れと共に、実際にどのようなサービスを受けることができるのか一例としてご紹介させていただきます。

 

お迎え(9時~10時)

通所介護では送迎車による要介護者のお迎えから一日が始まります。送迎車は通常のバス型の車両から車椅子対応の車両まで用意しているデイサービスセンターが多いようです。

 

バイタルチェック(デイサービスセンター到着後)

専従の看護師により、血圧、体温、脈拍等の健康チェックが行われます。チェック結果により入浴の可否等の判断を行います。

 

入浴(10時~12時)

介護職員の介助により、入浴、または体の清拭等を行います。自宅のお風呂とは違いバリアフリーな浴場施設を用意しているセンターが多く、寝たままの姿勢での介助入浴が可能な施設、温泉等を売りにしているセンターも多くなっております。

 

昼食(12時)

高齢者の健康に配慮した食事が用意され、介助が必要な人に対しては介護職員による介助のもと食事が行われます。食事の制限のある人に対しては個別の配慮も行われます。

 

レクリエーション(10~12時、昼食後~16時)

センター内には、同年齢、同様の症状の利用者も多数おります。自由にお話をすることもできますし、行動訓練等も自由に行うことができます。また、センター独自の行事を行ったりもします。

 

おやつ(15時)

既製品のおやつばかりではなく、レクリエーションの一環として介護職員と利用者がおやつを手作りし、それを食べる事などもあります。

 

お送り(16時~17時)

送迎車によりご自宅までお送りし、デイサービスの一日が終了します。

 

実際のデイサービスかなでの一日をごらんください。

 

通所介護の自己負担額

介護保険からの給付により、施設利用料金の1割を自己負担します。その他に食費やおやつ代、またはおむつ代等も自己負担となる場合があります。

 

通所介護のメリット

体が自由に動かせないということは想像以上のストレスになります。

完全に寝たきりではなく、ある程度の介護が必要な人でも徐々に外にでる機会が減り、重度の介護を必要とするまでに状態が悪化するというパターンもあります。

 

生きる楽しみが見つかる

訪問介護を受けることにより、それらが全て解消できるというわけでもありません。通所介護では自宅とは違う環境にて、同様の境遇の人達とレクリエーションを通じて趣味や生きがいを見つける人も少なくありません。

介護を必要とはするが、自分でできることは自分でできるということを認識することができ、また、介護職員や看護師のいる安全な環境にて日常生活の為の行動訓練も行うことができるのも通所介護の良いところです。

 

同居家族の負担が軽くなる

リハビリテーションという枠組みではなく、レクリエーションとして利用者が楽しみながら体や心の回復を図ることができるのが通所介護なのです。

事実通所介護を行うことにより、身体機能の回復や、認知症の予防等に効果があるということがわかっております。

また、家族の負担軽減という意味でも通所介護はメリットがあります。介護疲れという言葉があるぐらいで、家族とはいえ介護を行うことはとても大変なことです。

通所介護を週に1日でも受けることは、要介護者及び家族にとってもリフレッシュする良いタイミングであると思います。