通所介護の一日の流れ

通所介護の一日の流れと共に、実際にどのようなサービスを受けることができるのか一例としてご紹介させていただきます。

お迎え(9時〜10時)
お迎え(9時〜10時)

通所介護では送迎車による要介護者のお迎えから一日が始まります。送迎車は通常のバス型の車両から車椅子対応の車両まで用意しているデイサービスセンターが多いようです。

バイタルチェック(デイサービスセンター到着後)
バイタルチェック(デイサービスセンター到着後)

専従の看護師により、血圧、体温、脈拍等の健康チェックが行われます。チェック結果により入浴の可否等の判断を行います。

入浴(10時〜12時)
入浴(10時〜12時)

介護職員の介助により、入浴、または体の清拭等を行います。自宅のお風呂とは違いバリアフリーな浴場施設を用意しているセンターが多く、寝たままの姿勢での介助入浴が可能な施設、温泉等を売りにしているセンターも多くなっております。

昼食(12時)
昼食(12時)

高齢者の健康に配慮した食事が用意され、介助が必要な人に対しては介護職員による介助のもと食事が行われます。食事の制限のある人に対しては個別の配慮も行われます。

レクリエーション(10〜12時、昼食後〜16時)
レクリエーション(10〜12時、昼食後〜16時)

センター内には、同年齢、同様の症状の利用者も多数おります。自由にお話をすることもできますし、行動訓練等も自由に行うことができます。また、センター独自の行事を行ったりもします。

おやつ(15時)
おやつ(15時)

既製品のおやつばかりではなく、レクリエーションの一環として介護職員と利用者がおやつを手作りし、それを食べる事などもあります。

お送り(16時〜17時)
お送り(16時〜17時)

送迎車によりご自宅までお送りし、デイサービスの一日が終了します。